リスクを抑えた取引を

FXは株と比べるとリスクが低いといわれています。

リスクが低い理由として、
FXが取引をするのは外国為替であり、
株は一企業の株が相手であるからです。

企業が倒産してしまえば
持っている株は紙切れになってしまいます。

外国為替は国が発行しているお金ですので、
国が無くなることがなければ、
紙切れになることはほぼ少ないと言えるでしょう。

国が無くなるほどの景気後退が起こったとしたら
世界経済が崩壊している時ですので、
どの投資でも儲けることはできないでしょう。

リスクは株よりも少ないですが
レバレッジをかけた証拠金取引をするのがFXですので、
レバレッジをかけすぎてしまうと一気にリスクは跳ね上がってしまいます。

FXで取引をする際は少額で取引ができますが、
レバレッジをかけすぎない程度に取引をしないといけません。

株よりもリスクの低いFXで、
極限までリスクを抑えて少額投資で投資を楽しんでいきましょう。