為替取引の長期運用

FXで長期運用をする方法もあります。

短期で取引をする場合には為替差益を狙った取引。
安く買って高く売るや高く売って
安く買うという戦略が有効になりますが、

長期運用の場合には、
その為替差益を狙った取引ではなくて
スワップ金利を狙った取引が長期運用となります。

豪ドル円のように金利が高い国と、
金利が安い国同士の通貨ペアでの取引で
スワップポイントが狙えることになります。

この長期運用の場合には、
リスクが少ないというメリットがありますが、
利益もそうたいしてもらえないというデメリットもあります。

長期運用も短期取引でも為替を売買するということには変わりありません。

リスクが少ないこの長期運用を
FXで用いる際には少ない資金ではなくて、
多額の資金を導入して取引をする場合に有効です。

リスクが少ないため多額の取引金額を掛けることで、
スワップポイントのリターンを大きくもらえることになります。

長期運用をする際には
多額の資金を用意しての取引をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です